2018年第47回相模原納涼花火大会は8月25日!有料席の残席と駐車場の満車時間は?

2018年神奈川横浜の花火大会デートに役立つ、打ち上げ日程一覧

神奈川県相模原市で毎年夏の終わりに開催される花火大会がこちらの相模原納涼花火大会になります。

打ち上げ発数も8000発近くも打ち上げられ、夜空を埋め尽くすスターマインなどは圧巻の一言で、神奈川県下の花火大会の中ではなかなかの人気を誇ります!

 

その分来場者数も10万人以上とかなりの混雑が見込まれますので、カップルで行く人はもちろん、子連れで行こうとしている親子の方も、ぜひともここの穴場鑑賞スポット情報などいくつか気になるものは覚えて帰ってくださいね♪

2018年第47回相模原納涼花火大会の開催日程など基本情報まとめ

ということで、まずは第47回相模原納涼花火大会の打ち上げ日や時間、打ち上げ発数や集客人数などの花火大会の基本的な情報について、簡単にまとめましたので紹介していきますね。

花火大会名称 第47回相模原納涼花火大会
打ち上げ日程・時間 2018年8月25日(土)19:00~20:15
開催場所 神奈川県相模原市中央区水郷田名 相模川高田橋上流
アクセス(最寄駅) ・JR横浜線・相模線・京王相模原線「橋本駅(南口)」から神奈中バス田名バスターミナル行きで30分、終点下車、徒歩15分・JR横浜線「淵野辺駅(南口)」又はJR相模線「上溝駅」から「田名バスターミナル」行きバス(淵53系統 上溝経由)、終点下車、徒歩15分・JR横浜線・相模線・京王線相模原線「橋本駅(南口)」から「田名バスターミナル」行きバス(橋57系統 榎戸経由)(橋59系統 葛輪経由)で30分、終点下車、徒歩15分・JR横浜線 「相模原駅(南口)」から「水郷田名」行きバス(相17系統 田名バスターミナル経由)、終点下車、徒歩5分※花火大会当日、現地周辺の道路は大変混み合います。午後3時頃までに路線バスに乗車されないと、花火大会会場最寄のバス停に到着できない場合もあります。
花火大会規模(打ち上げ発数や来場者数) 約8000発約17万人

いかがですか?

行くには少し不便な位置で打ち上げられるのですが、それでもかなりの人手になりますね。

一応駐車場も2500台分とかなりの台数分河川敷で用意されていますので、早く来て、帰りの時間帯も遅くなってもよいと思ってる人は、車で来るのもアリかもしれませんね。

 

駐車料金は一律1000円で止めることが出来ますので、親子連れやおじいちゃんおばあちゃんなど家族みんなで行こうと思ってる人は、遅くとも16時ごろには到着しておくと、おそらく止めることができると思いますね。

駐車場自体は朝8時から解放されているチラホラと埋まり始めるので、周りの友達や地元民はいっつも15時ごろには到着するような待ち合わせ時間で車で行っていますね。

2018年第47回相模原納涼花火大会の見どころや特徴を動画で紹介!

次に第47回相模原納涼花火大会の過去の打ち上げ花火の動画を載せておきますので、参考にしてみてくださいね♪

こちらの花火大会は、かなりの規模の打ち上げ発数なので、みんな誰が見ても楽しめるようなイベントになっています。

その見どころは特に空中ナイアガラや大スターマイン、フィナーレの百花繚乱、といった派手な花火を素直に楽しめるのもこの花火大会の特徴となっていますね。

2018年第47回相模原納涼花火大会の有料席の発売日と値段は?

こちらはセブンチケットで有料席の前売り券が販売されています。

8月頭の時点でまだチケットは残っていそうなので、見に行く予定のある人は購入してもよいかもしれません。

気になるお値段ですが、

1人席 2,500円
5人席 10,000円

となっていますので、見に行く人たちの人数でお好きな方を選んでくださいね。

相模原花火大会の有料席の販売と残数ページ

2018年第47回相模原納涼花火大会周辺のトイレお手洗い事情は?

トイレに関しては、こちらの花火大会は有料席専用の仮設トイレが設置され、そちらは混雑もかなり緩く、かなり優遇されているようです。

ということは逆の言い方をすると、有料席以外の人はかなりの混雑を覚悟しないといけないということですね。

 

なんせこの花火大会は駅前からもかなり離れたアクセスの悪いエリアで開催されるので、店と言う店が全然ない!!

なので、コンビニでトイレを借りるのも難しいので、行こうと思ってる人は見つけたら長蛇の列が出ていても並んで済ましちゃうほうが良いですよ!

2018年第47回相模原納涼花火大会の人の少ない無料穴場デートスポットは?

コチラの花火大会は本当に込み合いますので、なかなか探し回るのも大変です。

正直そこまで大した料金でもないですし、有料の席を買うのがトイレも楽ちんになりますし、屋台で買った料理も楽しむことができますので、やはり有料席の購入がおススメです!

 

ただもし無料で見ようと思ってるのであれば、有料席周辺は花火にはベストスポットなのですが、ものすごい混雑で、場所取りするならお昼前にはレジャーシートを敷いて場所取り出来てないと、ものすごい立ち見の混雑の中で見ることになります。

 

また、相模原のあのあたりの広場は地味に坂にもなっていて、少し離れると低い位置の花火が見れなくなるので、適当に離れるわけにもいかないのが難しいところですね。

 

無料の穴場スポットとしては、田名地区のヨークマート田名店の屋上や田名北小学校周辺、などが開けており人出も少なめなので、おススメと言えますね。

 

ただこの花火大会はものすごい混雑で、交通の便も悪いので、確かに花火は凄いのですが、行く人にはかなり気合を強いる花火大会となっています。

夕方からチョロチョロ見に行くだけでは全然落ちついて見れない花火大会ですし、帰りもものっすごい時間がかかります。

 

見に行く人はかなり気合を入れて見に行くようにしてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧