2018年第44回金沢まつり花火大会は8月25日(土)!おススメ穴場デートスポットは?

2018年神奈川横浜の花火大会デートに役立つ、打ち上げ日程一覧

神奈川県横浜市金沢区でおこなわれるお祭り、金沢まつり打ち上げ花火大会が、8/25日と夏休み最終土曜日に開催されます!

昔は夏休みって9/1日からだった気がしているんですが、今ではこんな中途半端に8/27日からとかよくわからない日付になっちゃってるんですよね~~。(これ以上言うと、年齢がばれそうなのでやめておきますね笑)

 

こちらは横浜市民にとってはなじみ深い海の公園の方で開催されており、なかなかに人気がある花火大会です。

 

ここは特大スターマインも有名であり、花火プログラム自体も見ごたえのあるものになっていますので、ぜひとも横浜LOVEのハマッコは見に行ってくださいね♪

2018年第44回金沢まつり花火大会の開催日程など基本情報まとめ

ということで、まずは第44回金沢まつり花火大会の打ち上げ日や時間、打ち上げ発数や集客人数などの花火大会の基本的な情報について、簡単にまとめましたので紹介していきますね。

花火大会名称 第44回金沢まつり花火大会
打ち上げ日程・時間 2018年8月25日(土)19:00~20:00
開催場所 神奈川県横浜市金沢区 海の公園
アクセス(最寄駅) 横浜シーサイドライン海の公園南口駅・海の公園柴口駅からすぐ、または京急本線金沢文庫駅から徒歩20分
花火大会規模(打ち上げ発数や来場者数) 3500発約25万人

ここの海の公園って本当にめちゃくちゃ混むんですよね~~。

GWの潮干狩りの時も非常に込み合いますが、この花火大会の時もめちゃくちゃ混み合います・・・

公園自体はそれなりに広いのですが、砂浜はあんまり広くないので、花火を間近で見ようと思っているのであれば、それなりの場所取りを覚悟して見に行ってくださいね♪

2018年第44回金沢まつり花火大会の見どころや特徴を動画で紹介!

次に第44回金沢まつり花火大会の過去の打ち上げ花火の動画を載せておきますので、参考にしてみてくださいね♪

こちらの花火大会の見どころはフィナーレで打ち上げられる、特大のスターマイン!

スターマインってそもそも連続させる花火なんだし、尺玉のような打ち上げ花火じゃないんだけど特大ってドウイウコト?!

って花火好きの人なら疑問に思うかもしれませんが、一度見てもらうと、

『確かにただただデカい!!』

って納得出来るようになっていますので、ぜひとも参考にしてみてくださいね♪

2018年第44回金沢まつり花火大会の有料席の発売日と値段は?

有料席の販売になりますが、優先席のチケット販売は行われていません!!

これだけの人出ですし、海の公園なら事前に場所を区切ってしっかりと優先席の設定などもやりやすそうなので、せっかくだし設定してあげればよいのになあ~~、

なんて思ってしまいますが、まあそういった方針なんでしょうね。

2018年第44回金沢まつり花火大会周辺のトイレお手洗い事情は?

そもそも海の公園自体が、夏場と言うことでめちゃくちゃ観光客が押し寄せてきていますし、トイレなどの施設の準備はめちゃくちゃしっかりとできているので、そこはあんまり心配いらないと思います。

 

常設9ヶ所、仮設5ヶ所(65基)ぐらいが海の公園の夏場のトイレの準備として用意されており、まあ広いエリアではあるのですが、そこまで困ることはないと思います。

2018年第44回金沢まつり花火大会の人の少ない無料穴場デートスポットは?

まあスペース自体はかなり広いので、素直に海の公園で見ても、問題ないと思いますね。

砂浜のほうはものすごいヒトで大変なんですが、なぎさ芝広場のように海の公園内にでも砂浜以外の場所もあります。

そういったところは妙に人が少なく、夕方からでもレジャーシートを広げるスペースがあるので、花火を近くで見たくて少々の人込みなら我慢できる人は、そこに行ってくださいね!

 

あとは、海の公園のすぐ近くなんですが、野島公園と言う微妙に突起のような出島があります。

そちらであれば、海の公園よりもエリアは狭い分人の人数も若干少なく、花火が終わった後の駅までの道への行列具合はだいぶ緩和されます。

 

あとは少し遠くなりますが、金沢文庫の駅や金沢動物園などの能見台の方に行くと、かなり花火が小さくはなりますが、横横道路から直通で駐車場にも行けますし、帰りも楽なので、チョロット見たい方にとってはおススメのスポットだと思いますね。

ピックアップ記事

関連記事一覧