2018年湘南ひらつか花火大会は8月24日(金)!願掛けダルマ花火でカップルシート!?

2018年神奈川横浜の花火大会デートに役立つ、打ち上げ日程一覧

来場者みんなの幸せを願って打ち上げられるようになったのが、こちらの湘南ひらつか花火大会の願掛けダルマ花火

協賛金を払うことで、だるま花火の特別鑑賞席のチケットも手に入りますので、行こうと思ってる人はぜひとも協賛金を収めてカップルで愛の幸せでも誓い合っちゃえばよいんじゃないっすかね・・・?(めっちゃテキトーですんません笑)

 

まあ、カップル花火デート云々は置いておいて、湘南平塚エリアではなかなか知名度がある花火大会であることは間違いないので、カップルで出かけようと思ってる人はぜひとも、ここで穴場無料鑑賞スポット情報や屋台やらトイレやらの入り色な情報をゲットしてから向かってくださいね!

2018年第68回湘南ひらつか花火大会の開催日程など基本情報まとめ

ということで、まずは第68回湘南ひらつか花火大会の打ち上げ日や時間、打ち上げ発数や集客人数などの花火大会の基本的な情報について、簡単にまとめましたので紹介していきますね。

花火大会名称 第68回湘南ひらつか花火大会
打ち上げ日程・時間 2018年8月24日(金)19:00~20:00
開催場所 神奈川県平塚市高浜台 湘南潮来(相模川河口)
アクセス(最寄駅) JR東海道線「平塚駅」下車、南口より神奈中バス須賀港行きバス10分、下車徒歩5分
花火大会規模(打ち上げ発数や来場者数) 約3000発15万人

来場者数が10万人以上ってのが、なかなかに注目ポイントですね。

8月後半と言うことで、湘南平塚エリアの人込みも少しマシになってきている時期なのかと思いきや、この週末は平日にもかかわらずこのあたりの人が集まれるだけ集まっているような感じなので、ぜひともあなたも参加してみて下さいね♪

2018年第68回湘南ひらつか花火大会の見どころや特徴を動画で紹介!

次に第68回湘南ひらつか花火大会の過去の打ち上げ花火の動画を載せておきますので、参考にしてみてくださいね♪

こちらの湘南平塚花火大会の打ち上げ花火の見どころに関しては、

  • だるま型の花火に皆の幸せへの願いを込めた『願かけ花火』
  • フィナーレに向かって打ち上げられる、ミュージックスターマイン『ハナビリュージョン』

の2つが知名度抜群の花火大会として有名ですね。

実際ハナビリュージョンはお子様連れにもかなり人気のプログラムとなっていますので、参考にしてみてくださいね♪

2018年第68回湘南ひらつか花火大会の有料席の発売日と値段は?

こちらの花火大会では、有料席と言うか、願掛け花火への協賛金と言う形で、優先席の販売が行われています。

2人分で2500円となっておりかなり安いのですが、その金額で願掛けだるま花火の優先鑑賞席への入場券がもらえます。

 

せっかく彼女と行くなら、協賛金を払って、ぜひとも優先的な座席御確保してくださいね。

2018年第68回湘南ひらつか花火大会周辺のトイレお手洗い事情は?

トイレに関しては、この人数に対して5基の用意がされています。

ちょっとこの人数に対しては少し足りていないようにも感じますが、それでもまあ最低限の用意はされていますね。

 

打ち上げ場所自体が平塚駅からかなり近いので、まあそこまで心配sる必要はないのかもしれませんね。

2018年第68回湘南ひらつか花火大会の人の少ない無料穴場デートスポットは?

ここはかなりの人が集まりますので、人込みをさけた穴場スポットを探しているのであれば、それなりにしっかりと場所の準備をして、吟味しておく必要があります。

 

穴場スポットとしてよくあげられているのが、茅ケ崎市営キャンプ場なんかはおススメとして、評判が良いですね。

 

キャンプ場の予約ができますので、そこでバーベキューなどキャンプアウトドアやグランピングを楽しみながらの花火大会は言うまでもなく最高ですが、予約が難しい場合でも、ビーチには予約なしで入場することができるので、ソコから見るとよいかもしれませんね。

 

また、少し遠い場所から見る感じなのですが、湘南平の丘の上から海を眼下に収めて、花火を見るのもおススメですね。

ここはハイキングコースとしても有名なのですが、丘の頂上にはレストランもありますし広場になっているので、花火が見やすくなっていますね。

 

ただ、ここまで離れてしまいますと、お祭りの魅力である屋台が楽しめないのが残念なんですよね~

屋台は、平塚駅からメイン会場の平塚新港にかけてしか出店していないので、醍醐味は味わえないかもしれません。

 

ちなみにですが、この花火大会への車での参加は厳禁です!

かなり早い時間から交通規制がかかりますし、この平塚の海沿いの道って本当に逃げ場がないので、渋滞と規制のダブルパンチにハマった瞬間、まったく身動きが取れなくなりますので、絶対におススメしません!!

 

駅から歩いてもたいした距離でもないので、ぜひとも電車で行くようにしてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧