2018年第44回高崎まつり大花火大会は8月4日(土)!おススメ穴場デートスポットは?

2018年群馬の花火大会デートに役立つ、打ち上げ日程一覧

群馬県高崎市で行われる花火大会がコチラの高崎まつり花火大会2018!

群馬県で一番動員数の多い、巨大夏イベントとして群馬県民にとっては絶対にはずせないイベントとなっています!

 

ここではとにかく人があまりにも多くてどうしようもないのですが、まあそれはそれとして何とか混雑を避けるための無料穴場鑑賞スポット情報や有料席の販売状況、はたまた場所取りの開始時間など、デートをするうえで絶対に気になる情報をいくつか紹介し知恵きますので、ぜひとも覚えて帰ってくださいね!

2018年第44回高崎まつり大花火大会の開催日程など基本情報まとめ

ということで、まずは第44回高崎まつり大花火大会の打ち上げ日や時間、打ち上げ発数や集客人数などの花火大会の基本的な情報について、簡単にまとめましたので紹介していきますね。

花火大会名称 第44回高崎まつり大花火大会
打ち上げ日程・時間 2018年8月4日(土)19:40~20:30
開催場所 群馬県高崎市八千代町 烏川和田橋上流河川敷
アクセス(最寄駅) ・JR高崎駅から徒歩20分・関越道高崎ICまたは前橋ICから車で25分、上信越道藤岡ICまたは吉井ICから車で25分
花火大会規模(打ち上げ発数や来場者数) 約1万5000発75万人(まつり全体で)

花火大会だけでなく祭り全体での動員数にはなるのですが、75万人ってのが圧巻ですね。

高崎市は群馬県の中ではかなり人も多い都会よりの場所なんですが、それでも人口は35万人前後と花火大会の半分程度の人しかいません。

なので、この日はもう交通もパンクするしお店も全然っ入れないと思って、花火鑑賞にでかけてくださいね。

2018年第44回高崎まつり大花火大会の見どころや特徴を動画で紹介!

次に第44回高崎まつり大花火大会の過去の打ち上げ花火の動画を載せておきますので、参考にしてみてくださいね♪

 

この花火大会はとにかく豪華なことで北関東でもトップクラスの規模の花火大会となっています!

本当に夜空を真っ白に染め上げるぐらいの大量の花火が同時に打ち上げられたりしますので、もうその迫力にはただただ圧巻です!

 

北関東でも有数の花火大会と腹に響く花火の音を大迫力で楽しんでくださいね♪

2018年第44回高崎まつり大花火大会の有料席の発売日と値段は?

有料席に関してなんですが、さすがにこれだけの規模なのでしっかりと有料席の販売が行われています。

チケットぴあで取り扱われているようなので、見に行く人は座席の残りさえあれば間違いなく買っておくのをおススメします!

 

本当にちょっと座れる場所があるかないかで、浴衣女子にとっては全然気持ちも体力的にも変わりますし、無理しててもみんな正直疲れてきます。

絶対に帰る人は買っておいてくださいね。チケット販売状況を知らせるリンク先を載せておきますので、きになるひとは本当に早めに購入してくださいね!

全国花火大会2018

2018年第44回高崎まつり大花火大会周辺のトイレお手洗い事情は?

このあたりはそもそも観光地でもなんでもないので、そんなに公衆トイレの設置がそもそもほとんどありません。

海水浴場なんかであれば、夏場の観光客向けに自然とトイレも設置されているのですが、ここはそんな観光地でもなんでもないので、全然そんな扱いはされていません。

 

臨時トイレがしっかりと用意されるそうなのですが、もうこれだけの人出は町の設備的にパンク気味になるので、ぜひとも早めに確認してくださいね。

2018年第44回高崎まつり大花火大会の人の少ない無料穴場デートスポットは?

まず最初にメイン会場となる場所での河川敷での場所取りなのですが、8/4(土曜日)朝8時からビニールシートを利用した場所取りが解放されます。

ただ、正直こんな時間に場所取りをできるようになっても、夜まで炎天下の中で待っていると、熱中症など気になるのですが、大丈夫なんでしょうかね!?

皆様もぜひとも熱中症には気を付けて下さいね!

 

ってことで熱中症対策しながらびるショッピングビルでお穴場スポットを言うとすると、駅前のタカシマヤ高崎店かニトリの高崎店ぐらいに行けば、涼しく見れるかもしれません。

ですが、皆同じようなことを考えるので、そもそも穴場にはなりきれないかもしれ無いですね。

ピックアップ記事

関連記事一覧