2018年大間々祇園まつり 打上げ花火は8月3日(金)!おススメ穴場デートスポットは?

2018年群馬の花火大会デートに役立つ、打ち上げ日程一覧

群馬県みどり市で行われる 「大間々祇園まつり」は、毎年8月1日から3日までの3日間、大間々町の本町通りをメイン会場に行われる、地元民定番のお祭りとなっています。

もちろん2018年も同日に開催されることが決定しており、8/3金曜日には打ち上げ花火も挙げられることが決定しています。

長く「おぎょん」の名で親しまれていたこのまつりは、なんと驚くべきことに380年以上の歴史があります。

 

そんな伝統あふれる花火大会を楽しむためにも、イベント情報の詳細や見どころ、穴場鑑賞スポット情報などデートに役立ちそうな情報をまとめていきますので、参考にしてくださいね♪

2018年大間々祇園まつり 打上げ花火の開催日程など基本情報まとめ

ということで、まずは大間々祇園まつり 打上げ花火の打ち上げ日や時間、打ち上げ発数や集客人数などの花火大会の基本的な情報について、簡単にまとめましたので紹介していきますね。

花火大会名称 大間々祇園まつり 打上げ花火
打ち上げ日程・時間 2018年8月3日(金)20:30~20:50
開催場所 群馬県みどり市大間々町桐原 大間々中学校校庭
アクセス(最寄駅) ・わたらせ渓谷鐵道大間々駅からすぐ・東武桐生線赤城駅からすぐ・北関東自動車道太田藪塚ICから県道69号を大間々方面へ車で10km
花火大会規模(打ち上げ発数や来場者数) 1000発約9万5000人

花火の打ち上げ発数自体は全然多くなくてむしろ少ないぐらいなのですが、それなのにこの人出は圧巻ですね。

それだけお祭り全体が楽しめるイベントとして、広く知れ渡っているんでしょうね。

2018年大間々祇園まつり 打上げ花火の見どころや特徴を動画で紹介!

次に大間々祇園まつり 打上げ花火の過去の打ち上げ花火の動画を載せておきますので、参考にしてみてくださいね♪

こちらはお祭りそのものが魅力的になっており、大間々祇園まつりの見どころは、山車の巡行が有名です!

夕方から夜にかけて街中を進むさまは、とても幻想的でうっとりとすること間違いなしです。

 

ちょっと2018年はあまりにも猛暑、酷暑なのでどこまでこの雰囲気が味わえるのかはわかりませんが、それでも例年楽しんでいるカップルが多いことからも、楽しめるイベントとなっています。

 

花火自体は、これらの山車巡業のフィナーレ的な感じで夜からちょっろと上げられるぐらいなので、その前の山車からお祭り気分を盛り上げていってくださいね

2018年大間々祇園まつり 打上げ花火の有料席の発売日と値段は?

大間々祇園祭の花火の優先席なんですが、こちらは有料席の設定、販売は行われていません!

先ほどの見どころのところでも紹介しましたが、花火そのものが有名なのではなく、お祭りが有名なので、そういった座席の販売は行わないようなのですね。

 

まあさすがに1000発程度の花火で有料席だと売れないと思いますが、山車の巡業がきれいに見える2階席の和食料理屋さんなんかは予約してでも見る価値があると思いますね♪

2018年大間々祇園まつり 打上げ花火周辺のトイレお手洗い事情は?

トイレ自体は15カ所程度とお祭りを楽しむ方向けに、しっかりと準備されています。

このお祭りは、非常に屋台も多く出店しており、お昼からビールと焼きそば、フランクフルトから最近話題のb級グルメなど食べあるいていると、どうしてもトイレが近くなってきます・・・

 

そんな時にでも困らないようにトイレが用意されているのはありがたいですね。

 

後はあんまりおススメしませんが、赤城駅近辺にはセブンイレブンもありますので、タイミングによってはすんなり使わさせてもらえるかもしれません。

 

ですが、そもそもコンビニのトイレって1個か2個程度しか用意の無い店舗が多いので、タイミング次第ではかなり待たされることを覚悟しておいてくださいね

2018年大間々祇園まつり 打上げ花火の人の少ない無料穴場デートスポットは?

こちらの花火に関してですが、もう花火はあくまでもおまけでメインはお昼に行われている祇園祭なので、そちらを楽しむようにしてください!

お祭りの催し物を参考に載せておくと、

  • 山車が町中を走り氷彫刻大会
  • みこし
  • 神馬

と言ったイベントが用意されています。それだけで十分に楽しめますので、とにかくお祭り全体を楽しむような時間の過ごし方をしてくださいね

ピックアップ記事

関連記事一覧