2018年第35回朝霞市民まつり「彩夏祭」 花火大会は8月4日(土)!おススメ穴場デートスポットは?

2018年埼玉の花火大会デートに役立つ、打ち上げ日程一覧

埼玉県朝霞市で行われる夏祭り花火大会が、こちらの第35回朝霞市民まつり「彩夏祭」 花火大会

1984(昭和59)年に始まった市民によるイベントとなっており、商工まつりや復興支援ブースなど誰でも気軽に参加できる雰囲気が有名ですね。

メインイベントである「関八州よさこいフェスタ」が行われますし、地元民に広く親しまれている花火大会として有名なので、もし埼玉地方に在住ならば、ぜひとも予定を合わせて見に行ってみてくださいね

2018年第35回朝霞市民まつり「彩夏祭」 花火大会の開催日程など基本情報まとめ

ということで、まずは第35回朝霞市民まつり「彩夏祭」 花火大会の打ち上げ日や時間、打ち上げ発数や集客人数などの花火大会の基本的な情報について、簡単にまとめましたので紹介していきますね。

花火大会名称 第35回朝霞市民まつり「彩夏祭」 花火大会
打ち上げ日程・時間 2018年8月4日(土)19:15頃~20:15頃
開催場所 埼玉県朝霞市青葉台 朝霞中央公園およびその周辺
アクセス(最寄駅) ・東武東上線朝霞駅から徒歩5分・
花火大会規模(打ち上げ発数や来場者数) 約7600発約30万人

来場者数が30万人とこちらも埼玉の一地方にこれだけの人が集まる、なかなかのイベントとなっています。朝霞市の人口はそもそも約15万人程度となっていますので、人口の倍の人数が集まるイベントなので、そういった意味では大混雑するイベントになっています。

2018年第35回朝霞市民まつり「彩夏祭」 花火大会の見どころや特徴を動画で紹介!

次に第35回朝霞市民まつり「彩夏祭」 花火大会の過去の打ち上げ花火の動画を載せておきますので、参考にしてみてくださいね♪

「彩夏祭」の見どころのひとつである打上げ花火は、連発、スターマインなどを中心に約9000発ほどと、なかなかの規模を誇ります!

打上げポイントが市街地にあり、花火の見た目の大きさ、体に響く音は豪快そのものと言ったところがこちらの花火大会の見どころであり、特徴と言えそうですね。

2018年第35回朝霞市民まつり「彩夏祭」 花火大会の有料席の発売日と値段は?

彩夏祭は有料席の販売が予定されていますが、7月中旬の時点ですべての座席が売り切れました!

元々販売している席数自体もそこまで多くないのですが、それでもやはり売り切れまでは早かったみたいですね。

 

コチラの花火大会は7月初旬から優先席が販売されていますが、どの席も当日で一瞬で売り切れるほどの人気なので、優先席を事前購入して見に行こうと考えてる人は、早めにチケットの確保をするようにしてくださいね。

2018年第35回朝霞市民まつり「彩夏祭」 花火大会周辺のトイレお手洗い事情は?

トイレは15カ所程度とそれなりの数が用意されているのですが、それでもこの観客動員数に対しては全然足りてません!!

そもそもがこんなに人が来ることを想定した街づくりができていませんので、見に行く人はそれなりの覚悟を持って見に行くようにしてくださいね。

2018年第35回朝霞市民まつり「彩夏祭」 花火大会の人の少ない無料穴場デートスポットは?

これだけ人が集まるので、どこに行っても人の少ない穴場スポットを探すのは、正直言って難しいです。

とは言ってもそれで終わってしまっては、ココを異に来てくれてる方に申し訳ないので、こっそりとジモティーのみんなが人込みを避けるために、人に教えたくない情報をこっそり載せておきますので、参考にして下さいね。

  • 青葉台公園
  • 光が丘公園
  • 和光樹林公園
  • 荒川河川敷

ぐらいまで行くと、なんとか人ごみから逃れられるかもしれません。

荒川から戸田あたりまで行っちゃえばかなり離れているのですが、まあそれでも遠くからのんびり見るのにはここぐらいまで離れないといけないかもしれませんね。

ピックアップ記事

関連記事一覧