2018年足利花火大会は8月4日(土)!有料席もまだ残数あり!!急げ!

2018年栃木の花火大会デートに役立つ、打ち上げ日程一覧

栃木県民自慢の花火大会が、こちらの足利花火大会になりますっ!!

本当に花火大会の規模自体がめちゃくちゃ大きくて、打ち上げ発数や尺玉のサイズが桁違い!!

 

すぐ近所では小山の花火大会も行われていますが、正直全然レベルが違い過ぎて、驚くぐらいです!

ここでは、そんな栃木の大花火大会である足利花火大会の有料席や無料の穴場スポットなんかについて、いくつか紹介していきますね♪

2018年足利花火大会の開催日程など基本情報まとめ

ということで、まずは第104回足利花火大会の打ち上げ日や時間、打ち上げ発数や集客人数などの花火大会の基本的な情報について、簡単にまとめましたので紹介していきますね。

花火大会名称 第104回足利花火大会
打ち上げ日程・時間 2018年8月4日(土)19:00~20:45
開催場所 栃木県足利市岩井町 渡良瀬川 田中橋下流河川敷
アクセス(最寄駅) ・JR両毛線足利駅南口から徒歩5分・東武伊勢崎線足利市駅から徒歩10分・北関東自動車道足利ICから国道293号を渡良瀬運動公園方面へ車で10分・東北道佐野藤岡ICから足利桐生方面へ車で約30分
花火大会規模(打ち上げ発数や来場者数) 約2万発49万人

もう、来場者数がハンパないっすよ!!

栃木なんて北関東に50万人近くの大人数が集まるイベントが行われるなんて、本当になかなかないすっごいイベントです!!

2018年第104回足利花火大会の見どころや特徴を動画で紹介!

次に第104回足利花火大会の過去の打ち上げ花火の動画を載せておきますので、参考にしてみてくださいね♪

まあみどころはめちゃくちゃあるんですが、やはり圧巻となるクライマックス「大ナイアガラ」は、必見ですね♪

その他の見どころとしても、大玉の同時打上げやワイドスターマイン、仕掛花火の競演など、見どころ盛りだくさんで、約2万発が2時間ほどで打ち上げられる様は、本当に一度見ておいて損はないレベルです!

2018年第104回足利花火大会の有料席の発売日と値段は?

コチラの花火大会ですが、これだけ大掛かりな花火大会をしっかりと運営出来ているだけあって、しっかりとチケット販売も行われています。

これだけの規模でやり続けるには相当資金的にも厳しいと思いますので、栃木LOVEな皆様な、ぜひともチケットを購入して存続を応援しましょう♪

  • パイプ椅子席(定員1名) 3,000円(税込)
  • カップルシート(定員2名) 7,000円(税込)
  • テーブル席(定員4名) 16,000円(税込)
  • NEW!スーパーカップルシート(定員2名) 10,000円(税込)

といった感じで席が用意されており、6月中旬から販売されていますが、まだ座席は残っていますね。ただ、テーブル席は残数が少ないようなので、もし購入を考えてる人は、早めに購入するようにしてくださいね♪

チケットの購入は、こちらのサイトで『足利花火大会』と入力すると出てきますので、ぜひとも参考にしてみてくださいね♪
楽天チケットサイトトップ

2018年第104回足利花火大会周辺のトイレお手洗い事情は?

仮設の臨時トイレを140基設置予定のようで、ここはかなりしっかりとしています♪

ここの花火大会は、駐車場に関しても周囲の公共施設を無料で開放して受け入れるようにしており、本当に地域全体が花火大会を盛り上げようとして、全力で取り組んでくれている感じが嬉しいですね♪

2018年第104回足利花火大会の人の少ない無料穴場デートスポットは?

これだけの人なので、穴場探しと言っても、どこに行っても人がだらけで本当に厳しいですし、車で行ったら全く動かない本気の渋滞を味わえること間違いなし!!って感じがします。

 

とはいっても、せっかく見に来てくれている人のためにもいくつか紹介しておきますと、

  • 足利フラワーパーク(無料駐車場も6000台開放)
  • テックヤマダ電機
  • ヨークベニマル足利点

このあたりであれば、それなりに車がとめられる可能性も高いですし、人も少ないです♪

なによりも、トイレも飲み物もゲットしやすいので、そういった意味ではゆっくりと過ごせます!

 

一応どこも打ち上げ会場からはそれなりの近さと見晴らしなので、気になる人はそれでも早めに行って席を確保してくださいね♪

ピックアップ記事

関連記事一覧