2018年江東花火大会は8月1日(水)!東京下町のおススメ穴場デートスポットは?

2018年東京の花火大会デートに役立つ、打ち上げ日程一覧

とにかく打ち上げ花火とメイン会場との距離が近く、打ち上げ花火の発数や尺玉のサイズ自体はそれほどでもないのですが、それでも大迫力が楽しめるのが、こちらの江東花火大会!

なんでも観客席の最前列から打ち上げ花火までは150m程度と本当に至近距離と言ってしまっても間違えてないぐらいの距離で火の粉をかぶるような感じですね笑

 

そんな花火大会、吊り橋効果も得られるのでカップルや婚活中の女子からは大評判な花火大会なのですが、デートを成功させるためには穴場の情報から最低限の基本的な打ち上げ情報まで下調べは欠かせません!!

 

ここではそんな東京下町の花火大会デートを楽しむためのカップル向けに、役立つ情報満載でお届けしますので、ぜひとも参考にしてみてくださいね♪

2018年第36回江東花火大会の開催日程など基本情報まとめ

ということで、まずは第36回江東花火大会の打ち上げ日や時間、打ち上げ発数や集客人数などの花火大会の基本的な情報について、簡単にまとめましたので紹介していきますね。

花火大会名称 第36回江東花火大会
打ち上げ日程・時間 2018年8月1日(水)19:40~20:30
開催場所 荒川、砂町水辺公園:東京都江東区東砂8-22番地先
アクセス(最寄駅) 東京メトロ東西線 南砂町駅から徒歩15分
花火大会規模(打ち上げ発数や来場者数) 約4000発約30万人

見てもらうとわかると思いますが、正直打ち上げ発数自体はそれほどでもありません。

ですが、それ以上の魅力がこの花火大会にはあるので、未体験の人にはめちゃくちゃ強くおススメします!

2018年第36回江東花火大会の見どころや特徴を動画で紹介!

次に第36回江東花火大会の過去の打ち上げ花火の動画を載せておきますので、参考にしてみてくださいね♪

こちらの花火大会の見どころは、再三紹介しているように、観客席と打ち上げ花火の距離の近さ!

火薬の臭いが周囲に立ち込めるぐらいの距離で見ることが出来るので、本当に興奮します!

 

また花火自体も、荒川に浮かべた台船から、次々とスターマインが打ち上げられ、4000発と規模自体は大したことないのですが、それ以上に満足感が味わえると思います。

2018年第36回江東花火大会の有料席の発売日と値段は?

こちら下町独特の雰囲気が味わえる花火大会ですが、有料席の設定などはありません!!

昔から知ってる人やビルの屋上なんかで見れる人が多かったので、そこまで必要とされてこなかったんですかね!?

 

特に老人の多くは地元で近所で見るような感覚で今でも多くの人がいますので、この花火大会はその雰囲気含めて楽しむタイプなんだと思いますね♪

2018年第36回江東花火大会周辺のトイレお手洗い事情は?

トイレに関しては、常設の公衆トイレのほかにいくつかの臨時トイレが設置されます。

 

荒川・砂町水辺公園内に常設トイレおよび仮設トイレに数か所設置される予定であり、臨時トイレは葛西橋下・清砂大橋下ほかに設置予定となっています。

このあたりはイベント慣れしているというのか、東京の花火大会は安心感がありますね♪

 

まあお店もたくさんあるので、お茶飲みがてら空いているお店を探して入れば、トイレにはそこまで困らないのも、都会の花火大会ならではなのかもしれませんね。

2018年第36回江東花火大会の人の少ない無料穴場デートスポットは?

この花火大会、東京ど真ん中の大迫力の花火大会でありながら、場所とりにはそこまで困らないのも魅力だと思います。

 

もちろん、メイン会場の荒川砂町水辺公園で見てもよいのですが、たしかにちょっと混雑します。

 

そういった不満を持っている方は、清砂大橋や葛西大橋あたりもおススメですね♪

あのあたりは花火大会当日は、適度に人が立って等間隔で並んでいる感じになるので、夕方ぐらいから早めにご飯を食べた後、夕涼みがてらのんびり見る感じが良いデートプランになると思います♪

 

ちょっと音が大きすぎるので子供連れにはイマイチおススメ出来ませんが、そのぶんカップルには本当におススメなので、絶対に見に行ってみてくださいね♪

ピックアップ記事

関連記事一覧