2018年利根川大花火大会(さかいふるさと祭り)は海の日3連休の7月14日(土) !

2018年栃木の花火大会デートに役立つ、打ち上げ日程一覧

毎年音楽と花火との融合というテーマでおこなわれている花火大会が、こちらの第33回利根川大花火大会 (旧さかいふるさと祭り)

今年の音楽ライブは、若旦那とAKB16期生が野外ライブを行って盛り上げてくれるということで、そうとう楽しめそうなイベント内容になっていますよね?!

正直すっごい楽しみな海の日3連休の花火大会と言うことで、ここで紹介させてもらいますね♪

2018年第33回利根川大花火大会(旧さかいふるさと祭り)の開催日程など基本情報まとめ

ということで、まずは第33回利根川大花火大会 (旧さかいふるさと祭り)の打ち上げ日や時間、打ち上げ発数や集客人数などの花火大会の基本的な情報について、簡単にまとめましたので紹介していきますね。

花火大会名称 第33回利根川大花火大会 (旧さかいふるさと祭り)
打ち上げ日程・時間 2018年7月14日土 19:30~21:00
開催場所 茨城県猿島郡境町 さかいリバーサイドパーク(利根川河川敷)
アクセス(最寄駅) ・JR古河駅または東武スカイツリーライン東武動物公園駅から朝日バス境車庫行きで40分、境町下車徒歩3分・圏央道境古河ICから県道17号を境町役場方面へ車で4km
花火大会規模(打ち上げ発数や来場者数) 2万800発15万人

例年このあたりの海の日のところで開催されるので、毎年毎年ものすごい人出にはなりますが、まあプログラムとかを考えると当然と感じるイベントですね。

2018年第33回利根川大花火大会(旧さかいふるさと祭り)の見どころや特徴を動画で紹介!

次に第33回利根川大花火大会 (旧さかいふるさと祭り)の過去の打ち上げ花火の動画を載せておきますので、参考にしてみてくださいね♪

コチラの花火大会は、実は茨城出身の数多くの花火師が腕を競い合うイベントとして全国的にも知られており、そういった意味では打ち上げ発数も2万発以上と非常に多数の花火が打ち上げられるんですが、その質の高さにも注目ですね。

 

もちろん、スターマインや尺玉などの定番ところはしっかり抑えられていますが、それ以外の花火も注目です!

2018年第33回利根川大花火大会(旧さかいふるさと祭り)の有料席の発売日と値段は?

利根川花火大会の有料席なんですが、今週末の段階でもなんとかまだ残席は残っています。

ただ、マス席とVIPマス席の2種類しか残っておらず、やはりカップルなどのペア席はすべて売り切れています。

安い方のマス席でも6人一組で2万1千円、となかなかのお値段なんですが、まあそれでも気になる人は購入してみてください!

利根川花火大会の有料席とAKBライブ残席状況

2018年第33回利根川大花火大会(旧さかいふるさと祭り)周辺のトイレお手洗い事情は?

トイレなんですが、有料席に関しては非常にしっかりとトイレが配備されており、そこは全く心配ありません!!

特にVIP席を購入されて場合は、VIP専用のトイレまで用意されているぐらいのいたれりつくせりなので、本当に素晴らしいですね。

 

ですが、そうやって有料席のサービスを良くしている分、相対的には当然無料の席の公共施設の割り当てが悪くなります。

そりゃあそうですよね!?なので、メイン会場で無料で見ようとしている大部分の人は、早めにトイレに向かうようにしてくださいね。

2018年第33回利根川大花火大会(旧さかいふるさと祭り)の人の少ない無料穴場デートスポットは?

ってことで、最後に無料でカップルがデートに使えそうな穴場スポットを紹介しますね♪

 

まずココのメイン会場は非常に駅からは距離があり、車で行こうと思ってる人も多くいると思います。

そんな人にぜひともおススメしたい穴場スポットが『道の駅ごか』になります。

ここなら若干花火大会会場から距離はあるのですが、そのぶん人もそれなりですし、道の駅と言うことでトイレもしっかりと用意されているので、のんびり見たい人にはおススメですね!

 

他の無料穴場スポットとしては、『利根川レクリエーション広場』なんかも、距離が花火大会会場から近く、人もそれなりなのでおススメですね!

このあたりはいくつか公園もありますし、早めに行ってゆったりと見れる自分だけのお気に入りスポットを探すのも楽しいと思いますので、ぜひとも見に行ってみてくださいね♪

ピックアップ記事

関連記事一覧