2018年第72回あつぎ鮎まつり大花火大会は8月4日(土曜)!有料席は7/1から販売中!

2018年神奈川横浜の花火大会デートに役立つ、打ち上げ日程一覧

厚木市民にとってはすっごいなじみのある夏祭りとして有名な、厚木の鮎まつりと打ち上げ花火大会!

そこまでメジャーなモノではないのですが、小学校の子供時代から厚木地方に住んでる人は、小学生鮎つかみ取り大会!なんかのイベントが行われているので、参加した人も多くいるのではないでしょうかね!?

 

そんな厚木市民に親しまれている花火大会とお祭りですが、そこそこの人手になっていますので、穴場スポットやイベントの見どころなどいくつか紹介していきますね♪

2018年第72回あつぎ鮎まつり大花火大会の開催日程など基本情報まとめ

ということで、まずは第72回あつぎ鮎まつり大花火大会の打ち上げ日や時間、打ち上げ発数や集客人数などの花火大会の基本的な情報について、簡単にまとめましたので紹介していきますね。

花火大会名称 第72回あつぎ鮎まつり大花火大会
打ち上げ日程・時間 2018年は8月4日(土曜)19:00~20:30
開催場所 相模川河川敷(三川合流点):神奈川県厚木市厚木
アクセス(最寄駅) 小田急小田原線本厚木駅北口から三川合流点までから徒歩15分JR相模線厚木駅から徒歩約15分
花火大会規模(打ち上げ発数や来場者数) 1万発53万人

ぶっちゃけ厚木ってそこまで人が集まる地方ではないのに、この50万人以上!ってめちゃくちゃすごくないですか??

本当に厚木・秦野・座間のみんなに好かれているイベントだなあ~、って思い知りましたね。

2018年第72回あつぎ鮎まつり大花火大会の見どころや特徴を動画で紹介!

次に第72回あつぎ鮎まつり大花火大会の過去の打ち上げ花火の動画を載せておきますので、参考にしてみてくださいね♪

 

この花火大会の有名な見どころとしては、県下最大級のスケールを誇る「大ナイアガラ」だ。

フィナーレのタイミングでおこなわれるのですが、もうこのナイアガラの規模は一見の価値ありですね!

私もかなり花火大会は好きで見に行ってるのですが、ここの花火大会の規模は昔のPL花火大会を始めてみたときと同じような感動があるぐらいにものすごいものになっていますので、見たことない人はぜひとも見に行ってくださいね!

2018年第72回あつぎ鮎まつり大花火大会の有料席の発売日と値段は?

あつぎ鮎まつりの有料席の販売なのですが、7月1日より販売されており、すでに厚木地方側の有料席に関しては、売り切れになっています。本当に早くて、1週間も待つことなく、すぐに売り切れたみたいんですね。

ちなみにまだ厚木地方のチケットは残っていますので、気になってる人はお早めに購入してください。

○2人シート席定員2名 5,000円

○3人シート席定員3名 6,500円

○4人シート席定員4名 8,000円

○4人シート席(フリースペース)定員4名 8,000円

○5人シート席(フリースペース)定員5名 9,500円

と言った感じの値段の前売り券が残っているようなので、お出かけ予定の人はお早めに!

2018年厚木鮎まつり花火大会の有料席売り切れ情報から購入はこちら

2018年第72回あつぎ鮎まつり大花火大会周辺のトイレお手洗い事情は?

トイレは、これだけの人手になっていますので、さすがにしっかりと臨時のトイレが用意される予定になっていますね。

12基130個数以上のモノが用意されるようなので、それなりには準備されます。

とはいっても、浴衣で行く女性にとってはきれいなトイレが良いだろうと思いますし、駅前のデパートやパチンコ屋などどこかでトイレに行ってから向かうようにしてくださいね。

2018年第72回あつぎ鮎まつり大花火大会の人の少ない無料穴場デートスポットは?

この日はめちゃくちゃ大混雑するので、しっかりとみる場所を確保して見学するようにしてくださいね!

まず、覚えておいてほしいのは、厚木側ではなく海老名側のほうが絶対的に人が少ない!!

ってのを覚えておいてください。

もう、本当にびっくりするぐらいに人出が違いますので、行く人は参考にしてくださいね。

 

穴場スポットとしては、厚木野球場か旭町スポーツ広場、あたりが人が少ないし、おススメだと言えますね。

屋台もトイレも近くに設置されているので、少し一番の見どころのナイアガラが見づらくなってしまう位置関係なのですが、それでも人ごみを避けられて、さらに尺玉の大きな打ち上げ花火が見れる点を考慮すると、十分に見どころある場所になりますね♪

ピックアップ記事

関連記事一覧