2018年第43回江戸川区花火大会の打ち上げ日程は8月4日(土)に決定!おススメ穴場デートスポットは?

2018年東京の花火大会デートに役立つ、打ち上げ日程一覧

2018年も東京都民、特に下町の江戸っ子にとってたまらないイベントが江戸川花火大会!
エキサイティング花火大会として有名な別名がついているぐらいであり、とにかく狭いエリアの江戸川で短時間の間にど派手に連続的に花火を上げるということで、花火ファンにとっては有名な花火大会です!

 

そんな楽しみな下町の花火大会!江戸川花火大会の基本的な情報から穴場の情報や見どころ、などなどいくつか花火大会に行く前に知っておいてほしい情報をまとめておきますので、ぜひとも参考にして見てくださいね♪

2018年第43回江戸川区花火大会の開催日程など基本情報まとめ

ということで、まずは第43回江戸川区花火大会の打ち上げ日や時間、打ち上げ発数や集客人数などの花火大会の基本的な情報について、簡単にまとめましたので紹介していきますね。

花火大会名称 第43回江戸川区花火大会
打ち上げ日程・時間 2018年8月4日(土)19:15~20:30
開催場所 江戸川河川敷:江戸川区上篠崎1丁目25番、都立篠崎公園先
アクセス(最寄駅) ・都営新宿線篠崎駅から徒歩15分・JR総武線小岩駅から徒歩25分・京成線江戸川駅から徒歩25分
花火大会規模(打ち上げ発数や来場者数) 約14,000発139万人(江戸川区側90万人、市川市側49万人)

いかがですか?

ここで注目してほしいのは、その人数なのですが、100万人以上がこの日の夕方から、江戸川のこのあたりの狭いエリアに密集することになるので、正直どこに行っても人込みから逃げることは不可能なんですが、その混雑も含めて楽しんでくださいね♪

2018年第43回江戸川区花火大会の見どころや特徴を動画で紹介!

次に第43回江戸川区花火大会の過去の打ち上げ花火の動画を載せておきますので、参考にしてみてくださいね♪

 

江戸川の花火大会は、BGMに合わせてド派手な演出になるのですが、有名なのは一番初めのオープニングの瞬間の、怒涛の連続打ち上げ花火!

なんでも5秒間に1000発以上の花火が同時に打ち上げられることになり、その瞬間は会話すらままならないぐらいにものすごい衝撃なので、見に行かれる方はシッカリと一番初めのメインイベントを見逃さないように心してくださいね♪

2018年第43回江戸川区花火大会の有料席の発売日と値段は?

江戸川区民花火大会は、市川側に有料席を用意しており、市川市民納涼花火大会としてチケットの販売が行われています。

チケットぴあで販売されており、すでに売り切れとなっている座席もありますので、購入はお早めにして下さいね♪

 

チケットの種類としては、

  • 桟敷席:1マス18,000円180㎝×90㎝(定員4人・4枚)
  • ペア席(平面):1シート10,000円 150㎝×90㎝(定員2人・2枚) ペア席平面
  • ペア席(斜面):1シート9,000円 150㎝×90㎝(定員2人・2枚)
  • イス席(上段または下段・パイプ椅子):1席6,000円(定員1名・1枚)

なんて感じの座席が販売されているようですね。

6月末の時点では、まだ座席は残っていそうなので、チケットぴあのサイトに行って『市川市民納涼花火大会』で検索してくださいね。

チケットぴあ

ちなみに、有料席を購入された方は、夕方5時半からの受付となっていますので、時間には注意してくださいね

2018年第43回江戸川区花火大会周辺のトイレお手洗い事情は?

これだけの人なので、混雑しているかどうかで話しますと、もうどうやっても混雑しています・・・

一応、常設12カ所・仮設16カ所、と臨時の公衆トイレの設置含めて予定されていますが、それでも混んでいるのは想像に難くないですね・・・

 

私も何度か行ったことがあるんですが、花火大会が始まる1時間ぐらい前から動き回るのが難しいぐらいの人込みになってくるので、早め早めに動くようにしてくださいね。

おススメはやっぱり有料席を買っておくことだと思いますので、考えてみてくださいね♪

2018年第43回江戸川区花火大会の人の少ない無料穴場デートスポットは?

まあどうやっても人込みを避けることは難しいのですが、少しでもマシだと思える穴場のスポットをいくつか紹介していきますね。

まず一つ目が江戸川河川敷の篠崎ポニー公園!

この花火大会のメイン会場となる江戸川河川敷なんですが、その割にはまだなんとか空いているかなあ~、って感じがしますね。

あとは篠崎公園もかなり大きいので、何とか座って見れるスペースぐらいは、早めに行けば確保できる可能性が高いです!

 

あと良く言われるのが、総武線の陸橋あたりも人は少ないと言われていますが、それでも混んでいるし、距離も離れていて迫力もそれなりになってしまうので、私個人としてはあんまり穴場スポットとしてはおススメしません!

 

まあこのあたりであれば、いくつか空きスペースを見つけることが出来ると思うので、早めに場所取りに行ってくださいね♪

ピックアップ記事

関連記事一覧