2018年2018うつのみや花火大会の打ち上げ日程は8月11日(土) に決定!おススメ穴場デートスポットは?

2018年栃木の花火大会デートに役立つ、打ち上げ日程一覧

日本で唯一地元のボランティア団体が中心となって開催している花火大会、それが栃木県宇都宮のうつのみや花火大会になります!

2018年も無事に開催が決定しており、ジモティーを中心として、今年の花火大会も楽しみにしている人が多いんではないでしょうかね!?

 

ってことで、今年も非常に盛り上がりそうで面白くなりそうなイベントなので、絶対に楽しめるように色々と基本的な情報から何から紹介していきますね♪

ってことで、行こうと思ってる人は、有料席や穴場鑑賞スポット情報なども載せておきますので、早めにチェックしてくださいね♪

2018年うつのみや花火大会の開催日程など基本情報まとめ

ということで、まずは2018うつのみや花火大会の打ち上げ日や時間、打ち上げ発数や集客人数などの花火大会の基本的な情報について、簡単にまとめましたので紹介していきますね。

花火大会名称 2018うつのみや花火大会
打ち上げ日程・時間 2018年8月11日(土)※雨天決行、荒天時は順延12日18:30~20:30
開催場所 栃木県宇都宮市道場宿町上河原地先 道場宿緑地(鬼怒川河川敷)
アクセス(最寄駅) ・JR宇都宮駅から関東バス柳田車庫行きで30分、終点下車、徒歩16分・北関東自動車道宇都宮上三川ICから国道4号(新4号バイパス)・121号を経由し、国道408号を清原工業団地方面へ車で15km※JR宇都宮駅東口より会場行きの臨時シャトルバス運行
花火大会規模(打ち上げ発数や来場者数) 3万発40万人

打ち上げ花火の発数と集客人数を見ると、どれだけこの花火大会の規模が北関東で大きいのか?!

というのが伝わると思います。

2018年うつのみや花火大会の見どころや特徴を動画で紹介!

次に2018うつのみや花火大会の過去の打ち上げ花火の動画を載せておきますので、参考にしてみてくださいね♪

こちらの花火大会は本当に規模も予算も大きく、関東では有数の花火大会となります。

特に大玉である2尺玉が上がる花火大会は関東ではなかなかないので、『夜空の大輪の華』という、表現を満喫したい人にとっては、本当におススメとなる花火大会となりますね。

2018年うつのみや花火大会の有料席の発売日と値段は?

うつのみや花火大会の有料席なのですが、すでに6月1日から販売が開始されており、チケットの残席はまだ残っているのですが、かなり少なくなっているようですね。

  • イス席 2,500円(税込)
  • テーブル席4名 18,000円(税込)
  • テーブル席5名 22,500円(税込)
  • カップルシート2名 10,000円(税込)
  • 有料観覧席 1,500円(税込)
  • 駐車場 5,000円(税込)

と言った感じで、こちらの楽天チケットから販売しているようです。

楽天チケットサイトトップ

2018年うつのみや花火大会周辺のトイレお手洗い事情は?

これだけ規模が大きな花火大会ですので、臨時トイレなどの設置もかなり多数行われています♪

こちらに、花火大会の会場地図がわかるような公式サイトのツイッターの投稿を持ってきましたが、非常に屋台の数も多く、臨時トイレも多数出されます!

 

ですが、宇都宮のこの花火大会はもう人の数が尋常じゃないので、いくら仮設トイレを用意されても、全然足らない・・・

なんて、感じがしてしまう花火大会となっています♪

 

なので、行こうと思ってる人、特に浴衣で行こうと思ってる人は、トイレのタイミングに気を付けて向かうようにしてくださいね!

2018年うつのみや花火大会の人の少ない無料穴場デートスポットは?

ってことで、最後に気になる無料の穴場スポットを紹介しておきますが、正直自信を持っておススメ出来るほどの穴場スポットはありません!

もう、あの狭いエリアにものすごい人が押し寄せてくるので、結局どこに行っても大混雑で、ある程度ゆっくり見ようと思うのならば、ある程度距離を話すしか良い手段はないです。

 

が、遠くに行ってしまうと、うつのみや花火大会の最大の魅力である、2尺玉の大きな花火の醍醐味が薄れてしまうので、そこまでおススメ出来ないんですね。

 

とはいっても、せっかく見てくれてる方に申し訳ないので、最後に紹介しておきますと、

宇都宮にある大型ショッピングモール、ベルモールの屋上

まだ、ここならそこそこ花火大会から近くて、しっかりと打ち上げ花火を見ることができるので、まだかろうじておススメできます!

ある程度は人込みを覚悟しながら、向かってくださいね!

ピックアップ記事

関連記事一覧