2018年鎌倉花火大会の打ち上げ日程は7月24日(火)に決定!おススメ穴場デートスポットは?”

2018年神奈川横浜の花火大会デートに役立つ、打ち上げ日程一覧

毎年大盛り上がりの鎌倉花火大会!

本当にこの花火大会は例年平日開催にもかかわらず、ものすごい人が集まり、すっごい盛り上がりを見せます!

正直花火自体の規模はそれほどではないのですが、それでもここまで有名で盛り上がるのは、観光地、鎌倉がみんな大好きだからですかね~~

そんな花火大会ですが、無事に2018年も7月24日(火曜日)で開催が決定しました!

横浜近郊の方にとっては、今年初の浴衣お出かけをもくろんでいる人が多くいるとも思いますので、基本的な情報から穴場の観光スポットまで紹介していきますね♪ただでさえ人が多いエリアなので、女性はトイレや靴ずれしたときのばんそうこうの準備などしっかりとして、祭りに臨んでくださいね!

 

ってことで、いくつかいろいろ気になる情報を紹介していきますね!

2018年第70回鎌倉花火大会の開催日程など基本情報まとめ

ということで、まずは第70回鎌倉花火大会の打ち上げ日や時間、打ち上げ発数や集客人数などの花火大会の基本的な情報について、簡単にまとめましたので紹介していきますね。

花火大会名称 第70回鎌倉花火大会
打ち上げ日程・時間 2018年7月24日(火)※雨天・荒天・高波等の場合は25日(水)に順延、25日にも実施できない場合は中止となります。19:20~20:10
開催場所 由比ヶ浜海岸、材木座海岸:神奈川県鎌倉市
アクセス(最寄駅) 由比ヶ浜海岸(JR 横須賀線鎌倉駅より徒歩15分)材木座海岸(江ノ島電鉄由比ヶ浜駅、和田塚駅より徒歩5分)
花火大会規模(打ち上げ発数や来場者数) 約2500発15万人

場所は、もうみんな大好き材木座海岸で行われますので、基本的には鎌倉駅からのんびりと由比ヶ浜まで歩いて行って、花火を見る感じになりますね♪

2018年第70回鎌倉花火大会の見どころや特徴を動画で紹介!

次に第70回鎌倉花火大会の過去の打ち上げ花火の動画を載せておきますので、参考にしてみてくださいね♪

ここでの見どころは、そこまで発数は多くないのですが、それをカバーするかのような海上花火!

海上花火はあんまり知られていないのですが、実は鎌倉の花火大会が発症となっているのでは?!と言われています。

 

もともとは打ち上げにしっぱして高く上がらなかった花火を見た人から、すっごい綺麗だったと評判になり、そこから海上花火の良さが伝わって行ったと言われていますね。

まあ、それだけ昔からある由緒ある花火大会で、2018年で70回目を迎えることとなっています。

2018年第70回鎌倉花火大会の有料席の発売日と値段は?

今年2018年の有料席の販売に関してなのですが、6月中旬ですでに売り切れています!

もともと500席ぐらいの販売で1席5500円、となかなかのお値段なんですが、すぐに売り切れたみたいです。

 

毎年こんな感じらしいのです、2019年以降に購入を考えている人は、6月頭から例年販売されていますので、5月中ぐらいから準備を行ってくださいね。

2018年第70回鎌倉花火大会周辺のトイレお手洗い事情は?

花火大会の時はめちゃくちゃ混雑するので、とにかくトイレには長蛇の行列です・・・

特に由比ヶ浜の海岸沿いの公衆トイレは、例年もっのすっっごい長蛇の行列・・・

 

行こうと思ってる人は、鎌倉駅近辺の駅ビルでトイレを済ませてから花火大会に見に行くのがおススメですね♪

おススメってか絶対にやらないといけないと思いますね。

2018年第70回鎌倉花火大会の人の少ない無料穴場デートスポットは?

ってことなのですが、この日はもうどこ行っても本当にものすっごい人です。

本来なら鎌倉駅から長谷まで江ノ電でノンビリ観光気分を楽しみたいのですが、ホームに入るところですら長蛇の行列ができるほどの混雑なので、正直このあたりはめちゃくちゃ厳しいです。

 

とは行っても鎌倉は軽いハイキングコースになるぐらいに高低差があるので、遠くに離れてしまうとなかなか見れないのが悲しいところです。

 

強いて穴場の人の少なめスポットはと言うと、

披露山公園や大崎公園という、逗子マリーナすぐ近くが人が少なくてちょっとだけおススメと言えます!

 

ってか、ここまで鎌倉から離れないと、人が少ない穴場のスポットは見つかりません!!

ある程度は覚悟して、花火デートに向かってくださいね!

ピックアップ記事

関連記事一覧